« ラーメン屋 「札幌ラーメン 松前藩(大江戸温泉物語内)」 | トップページ | インド料理「マハラジャ」 »

2006年3月22日 (水)

タン料理 「きすけ」

店名:きすけ
カテゴリー:焼肉屋

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口 キッチンストリート内
電話:03-3215-2050
営業時間:11:00~23
:00
定休日:
HP:http://www.minna-oishii.jp/shop/kisuke/kisuke.html

……………………………………………………………………………………………

今日の晩ご飯はきすけでした。
東京駅のキッチンストリートの中にあるお店です。
キッチンストリートは東京駅の八重洲北口にあります。
B1階が黒堀横丁、1階がキッチンストリート、2階がほろよい通り とネーミングされています。
きすけは仙台に何店舗もお店を持っており今回東京に初進出したみたいです。

 

100_p1030107    
仙台名物 老舗
味の牛たん
きすけ

と書いてあります。
プレはこの色が好きなんですよね~。

 

110_p1030106
駅側から入口を撮りました。
手前がショーケースです。
奥の巨大暖簾が1番目の写真で撮ったものです。

 

120_p1030109
お店の横側です。
写真の右側を曲がると2番目の写真に写っている、お店の入口です。
手ぶり 天然塩 ってのが目立っていますね。
これってお店のキャッチフレーズなんでしょうね。
では、当然、塩を注文しましょう。

 

200_p1030085
これがたんとうふ300円です。
ビンビールを注文したときにたんとうふは如何ですか?
って聞かれて、それじゃあ下さい。って答えて注文した1品です。
結果は止めとけばよかったです。
豆腐もタンもいまいちでした。

 

210_p1030087
牛たん焼やき(しお) 1100円です。
たんとうふを食べて余り期待はしていなかったのですが。
予想を裏切ることなく平凡(×)でした。
福島(福島県)や仙台で食べたあの厚みがあってジューシーな料理とは別物でした。
てぶり 天然塩にも期待したのですが....
本家本元の仙台でも牛タン屋さんが次々と閉店している現在の状況では仕方が無いのかな?

 

400_p1030098
スモークタン1000円です。
こっちの方がましでした。
値段の割りには量が多いような。
5枚でもいいんじゃないかな。
サービス品なのかな。

 

800_p1030091
メニューです。(その1)
14:00迄のランチみたいですね。

 

810_p1030090
メニューです。(その2)
お店の横にもありました。
こだわりの手振りだそうです。
それより肉の品質を訴えて欲しいです。

 

820_p1030092
メニューです。(その3)

 

840_p1030093
メニューです。(その4)

 

845_p1030101
メニューです。(その5)

 

850_p1030096
メニューです。(その6)
ドリンクメニューです。

 

860_p1030094
メニューです。(その7)
これもドリンクメニューです。

 

910_p1030103
店内のカウンター席です。
写真左側が2番目の写真を撮った方向です。
店内は綺麗でした。
でも、タバコの匂いは直ぐに充満しました。(退散~)

 

920_p1030104
店内から入口方向です。
左手にシェルフがあります。
この辺が駅中らしいですね。
大きなカバンとか持っている人はここに置いて下さいってスタイルなんでしょうね。
店内の真ん中は向かい合わせのカウンターです。
1人客でも入りやすいと思います。

もう少し美味しければ東京出張のときに立ち寄る回数が増えると思うんですが。
現状なら行かないですかね~。

 

 

 

|

« ラーメン屋 「札幌ラーメン 松前藩(大江戸温泉物語内)」 | トップページ | インド料理「マハラジャ」 »

焼肉屋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/9276651

この記事へのトラックバック一覧です: タン料理 「きすけ」:

« ラーメン屋 「札幌ラーメン 松前藩(大江戸温泉物語内)」 | トップページ | インド料理「マハラジャ」 »