« ラーメン屋 「阿夫利(AFURI)」 | トップページ | ラーメン屋 「麺道しゅはり」 »

2008年2月20日 (水)

ひつまぶし 「あつた蓬莱軒(本店)」

店名:あつた蓬莱軒(本店)
カテゴリー:うなぎ料理

住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503
電話:052-671-8686

営業時間:11:30~14:00 16:30~20:30
定休日:月曜日

HP:http://www.houraiken.com/


……………………………………………………………………………………………

今日は蓬莱軒本店に行ってきました。
名古屋の名物料理の1つである ひつまぶし を食べるためです。
ひつまぶしを登録商標しているお店でもあります。
ひつまぶしは明治の末期に、蒲焼にした鰻をのせたご飯を大きなお櫃に入れて、それを女中さんがお座敷で小分けにして客が食べると言うスタイルが起源です。
ひつまぶしはしら河の栄ガスビル店で食べた事があります。
そのときは美味しく食べれました。
今回はある意味そのときとの食べ比べでもあります。

 

S020_p1100017
本店は熱田にあります。
熱田は昔蓬莱島とか蓬莱とか呼ばれることもあったそうです。
ここから店名が付けられたそうです。

 

S030_p1100019
人気店なので並ぶことも多いのでしょう。
待ち順番対策ですね。
今回は並ばずに入店することが出来ました。

 

S050_p1100020
お店の入口です。
周りに松とかいっぱいあり歴史を感じますね。

 

S060_p1100113
玄関です。
広々としています。
ここは靴を脱いで入ることになります。
右手に少し靴が写っていますね。

 

S070_p1100105
暖簾です。
関西からするとブルーの暖簾って珍しいと思うんですよね。
名古屋感覚なんでしょうか?

 

S100_p1100044
さあ、食べるぞ~。
しら河ではひつまぶしオンリーだったので今回は一品とひつまぶしにします。

 

S110_p1100038
きもポン800円です。
まずはあっさりしたものからオーダーしました。
まずまずの出来ではないでしょうか。
タレが濃い感じではありますが。
このへんは関西と違いますね。

 

S120_p1100040
うまき800円です。
大きなうなぎが入っています。

 

S130_p1100051
取り分けして中が見える状態で撮りました。
これは駄目でしたね~。
たまごが甘すぎ、鰻の味が濃いすぎで反発しあっていてまとまりが無いお味となっていました。
この味付けは愛知風なんでしょうね。
もう少し工夫が必要でしょうね。

  

S150_p1100045
白焼1,700円です。
これは見た瞬間に高すぎ??って思っちゃいました。

 

S160_p1100048
この料理はオーダーしたのは失敗だったと。
いまいちでした。(泣)

 

S200_p1100024
さあ、次はいよいよ、ひつまぶしの登場です。
ひつまぶしの美味しい食べ方を書いた紙が置いてありました。

4番目はやっぱりお茶漬けの繰返しでしょうって。
3番目まで進んで1と2は無いかな~って思っちゃいました。
結局、4番目も5番目もお茶漬けとあいなりました。(笑)

  

S210_p1100057
ひつまぶし大3,400円です。
薬味、出汁、吸い物、香の物が付いています。
大はうなぎとご飯が1.5人前です。
普通は2,400円です。
プラス1,000円アップなんですね。

 

S220_p1100059
うなぎです。
お櫃一面にうなぎが敷き詰められています。

 

S230_p1100064
1膳目です。
ルール通りにそのままうなぎを食べます。
美味しい~。

 

S240_p1100069
アップで撮りました。
うなぎと味付けがちょうどいい感じです。
ご飯がサクサク食べれます。

 

S250_p1100074
2膳目です。
こんどは薬味を加えて食べます。

 

S260_p1100077
薬味がアクセントとなりさらにご飯がサクサク、サクサクと食べれます。

 

S270_p1100087
そして3膳目は出汁を入れてお茶づけにします。

 

S280_p1100086
出汁を入れた状態の写真です。
鰻のいい匂いがぷ~んって漂ってさらに食欲をそそります。
これがまた美味しいんですよね。
さらにサクサク、サクサク、サクサクとご飯が入っていきます。

 

S290_p1100092
私の場合はかき混ぜて鰻に付いているタレを出汁とミックスさせて4つの味を楽しみました。
この食べ方も美味しいですよ。
もう、お腹はパンパンなのに完食してしまいました。

 

S300_p1100089
吸い物です。

 

S600_p1100031
壁に掛かっていました。

 

S610_p1100102
ここは喫煙席と禁煙席に分かれています。
嬉しいシステムですよね。
これからはどんどんこんなお店が増えて欲しいです。
って言うかそうすべきだと思いますね。
公衆の場では禁煙にすべきだと思います。
海外ではそれがスタンダードとなってきているんですから。

 

S630_p1100109
ちょうど入口に入ったところを撮りました。
色んな物が飾られています。

 

S640_p1100108
お店の人が偶然通りました。
仲居さんは紫の衣装を着ています。
面白いですね。
何でこんな色なんだろう?
不思議感じです。

違和感はないのかな~。

 

S650_p1100106
ここの女将さんが書いた本です。
本まで出しているんですね。

 

S700_p1100025
メニューです。(その1)

 

S710_p1100026
メニューです。(その2)

 

S720_p1100027
メニューです。(その3)

 

S730_p1100028
メニューです。(その4)

 

S740_p1100029_2
メニューです。(その5)

 

S800_p1100016
車で行くとこの看板が見えてきます。
そこそこ大きな駐車場でした。

 

S810_p1100115
帰りに撮りました。
日が暮れて真っ暗になっちゃいました。

 

S820_p1100114
夜はこんな感じで情緒がありますね。

 

S900_p1100018
お店の営業時間について壁に貼ってありました。

名古屋名物の料理も色々と食べましたがこの ひつまぶし は世界に誇れる料理だと思います。
このお店もひつまぶしに関してはかなり高い水準のお店だと思います。
次回来るとすればひつまぶしオンリーを注文したいと思います。

他の料理についてはオーダーはしないでしょうね。
値段設定が高すぎるのと味の方が私の要求水準に達していないから。 
 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:うなぎ | 伝馬町駅神宮前駅豊田本町駅

|

« ラーメン屋 「阿夫利(AFURI)」 | トップページ | ラーメン屋 「麺道しゅはり」 »

うなぎ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/40179250

この記事へのトラックバック一覧です: ひつまぶし 「あつた蓬莱軒(本店)」:

» あつた蓬莱軒のひつまぶしはウナギ嫌いを克服させるほど旨い [materialize.jp]
Unadon / Ashibehair  今年も「あつた蓬莱軒」に行ってきた。7/22(月)の一の丑ではなく、8/3(土)の二の丑でもなく、7/27(土)の何でもない日に行ってきた。ちょうど丑の日に挟まれて、まさにここしかないという食べ時だ!と確信して。  「あつた蓬莱軒」はとにかく着いてもすぐには入れない、最低でも一時間は待たされる。それぐらい人気の店だ。もう毎年の恒例行事だからまったくの余裕の心、ちゃちゃっと受け付けに名前を書いて時間を潰してくる。初めての人は、かなり予定が狂うと思う。私も初めて... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 23時05分

« ラーメン屋 「阿夫利(AFURI)」 | トップページ | ラーメン屋 「麺道しゅはり」 »