« 韓国料理 「チェゴヤ(五反田本店)」 | トップページ | 明石焼 「ちえ」 »

2008年3月 3日 (月)

和食・割烹 「湯の岳庵」

店名:湯の岳庵
カテゴリー:和食・割烹

住所:大分県湯布院市湯布院町川上2633-1
電話:0977-84-3166

営業時間:11:00~22:00
定休日:

HP:http://www.kamenoi-bessou.jp/yunotakean/


……………………………………………………………………………………………


湯の岳庵

九州は湯布院に亀の井別荘のお食事処としてそのお店はあります。
山菜や季節の野菜、川魚、豊後牛、地鶏など地元で採れたものをふんだんに使った料理が落ち着いた雰囲気の中でいただけます。

  

S010_dscf4568
お店の暖簾です。
落ち着いた雰囲気ですね。
この暖簾の色と字体がマッチしていますよね。
老舗の風格が出ています。

 

S020_dscf4505
さあ、どんな料理を食べようかな。

 

S030_p1000296
テーブルの上にはこんな心休まる花も置かれています。

 

S200_dscf4508
今回オーダーしたのは湯の岳膳4,000円です。
まずは
豆腐からスタートです。

 

S210_dscf4509
次は和え物ですね。
いい感じの味付けでした。

 

S220_dscf4511
濃厚スープです。
これで暖まりました。

 

S225_dscf4518_2
椎茸です。
大きいでしょ~。
それに香りが素晴らしいんですよね。

S230_dscf4514
こんな感じで七輪で焼きます。
いい香りが食欲をそそります。

 

 

S240_dscf4516
はい。
出来上がりました。
肉厚で食べ応え満点でした。
普段は中々こんな上物にはありつけません。

 

S245_dscf4540
こんな料理のお供はやっぱりこれですよね。

 

S250_dscf4535
のあらい(刺身)です。
油がほどよくのって、いい色をしてます。

 

S260_dscf4534
アップで撮りました。
鯉は海魚と違ってひと味違う味覚を楽しむことができます。
久々に食べましたが美味でした。

 

S270_dscf4543
今度は肉系ですね。
ローストビーフです。
ジューシーでとっても美味しいですね~、プロが作った味です。
またまた、ビールが進んじゃいます。

 

S280_dscf4546
山女の塩焼きです。
川系の食材です。

 

S290_dscf4549
次は鍋物です。
椎茸をメインにして野菜が入っています。

 

S290_dscf4552
最後に玉子を入れてこんな感じで完成です。
和風
出汁が玉子を加えることによりまろやかな味になりました。
椎茸や野菜の美味しさがギッって凝縮されてとっても美味しくいただけました。

 

S300_dscf4556
梅干入りのお茶漬けです。
香の物と一緒に撮りました。

 

S310_dscf4559
お茶を投入しました。
もう、お腹がいっばいなんですけど食べれちゃうんですよね。
梅の香りが食欲をそそりました。

 

S320_dscf4563
最後のデザートです。

 

S600_dscf4520
メニューです。(その1)

 

S610_dscf4521
メニューです。(その2)

 

S620_dscf4522
メニューです。(その3)

 

S630_dscf4523
メニューです。(その4)

 

S640_dscf4524
メニューです。(その5)

 

S650_dscf4525
メニューです。(その6)

 

S670_dscf4527
メニューです。(その7)

 

S680_dscf4528
メニューです。(その8)

 

S690_dscf4529
メニューです。(その9)

 

S700_dscf4530
メニューです。(その10)

 

S710_dscf4537
メニューです。(その11)

 

S720_dscf4538
メニューです。(その12)

 

S730_dscf4531
メニューです。(その13)

 

S740_dscf4532
メニューです。(その14)

 

S800_p1000298
店内の風景です。
年季が入っています。

 

S810_p1000302
床の間はこんな感じに。

 

S850_dscf4502
窓の方に目をやると。

 

S860_dscf4507
絵画のようですよね。
落ち着いた雰囲気がなんとも言えません。


ここは契約している地元の農家から野菜、山菜、川魚、地鶏などを仕入れています。
地元の食材を上手に生かして職人の腕で美味しい料理に仕上げられています。
この日も予約が無ければ入店は不可能だったみたいです。

今は湯布院ブームとなり昔の風情が楽しめなくなっているかもしれませんが。
(私が訪問したのは数年前のことです。)

温泉地も有名になりすぎて観光バスとかが入ってくるようになると駄目ですよね。
観光バスがくる時点で客層が変りますからね。
いくら経営者側が頑張っても雰囲気は落ちてしまうことになってしまいます。
人が来ないと商売として成り立たないし、来すぎると違う雰囲気のお店になってしまう。
平均して来店者があり平準化できればよいのでしょうが中々思い通りには行きませんよね。
商売って本当に難しいですよね。
でも、だからこそ知恵をだして色んなことを考えて
繁盛店になると嬉しさも倍増するんでしょうね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 韓国料理 「チェゴヤ(五反田本店)」 | トップページ | 明石焼 「ちえ」 »

和食・割烹」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/16489165

この記事へのトラックバック一覧です: 和食・割烹 「湯の岳庵」:

« 韓国料理 「チェゴヤ(五反田本店)」 | トップページ | 明石焼 「ちえ」 »