« 居酒屋 「いすず」 | トップページ | 焼きそば屋 「虹屋ミミ」 »

2008年5月26日 (月)

レストラン 「田舎もん」

店名:田舎もん
カテゴリー:レストラン

住所:島根県鹿足郡津和野町中座1262-1
電話:0856-72-0246

営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:不定休(月2回)

HP:http://www.tsuwano.ne.jp/kanko/modules/gnavi/item.php?lid=135&cid=6


……………………………………………………………………………………………

今日は田舎もんに行ってきました。
このあたりだと和食のお店が多くて薦められるんですが、ここはあえて洋風レストランにしました。
このお店、何か持っている物があるぞ~って感を頼りに入店とあいなりました。

   

S010_p1080102_3
お店の外観です。
鉄板牛(ぎゅう)ステーキ980円が目立ってますね。

 

S020_p1080046
入口横にあったメニューボードです。
ここにも肉料理が。

 

S025_p1080044
お店は津和野の大鳥居の近くにあります。

 

S035_p1080040
お店の入口です。
2階の部分に店名の
田舎もんって書いてますね。

 

S090_p1080041
その部分をアップしてみました。
店名の下に「おいしいごはんと西洋の料理」って書いてありますね。
楽しみですね~。

 

S040_p1080047
入口を入ると目の前にバーンとこれが見えます。
何かインパクトがあって、立ち止まってパチっ撮っちゃいました。

 

S200_p1080072
とろとろ卵のオムライス735円です。
これはデミグラソースバージョンです。
その他にホワイトソース、トマトソースと3バージョンあります。

 

S205_p1080073
すこ~しだけアップで撮りました。
見て下さいよ~、このトロトロ感を。
タマリマセン。

 

S210_p1080075
ドーンって割ってみました。

 

S220_p1080076
見た目も素晴らしいのですが味が最高です。

 

S230_p1080080
もう、絶品でした。
下手な料理店で食べるよりも最高に美味しいです。
この料理だけを食べに津和野に来てもいいぐらいです。

 

S400_p1080087
牛ヒレステーキ定食120g1,680円です。

 

S410_p1080065
定食に付いていたスープです。

 

S420_p1080068
定食に付いていたサラダです。

 

S430_p1080069
ちょっとアップで。

 

S440_p1080082_2
ステーキのアップです。
ジュ~って音が伝わらないのが残念です。

 

S460_p1080089
ガーリック醤油を掛けて頂きます。
まあ、ステーキはお値段通りのお味でした。
人によってはとっても美味しく感じるでしょうし、もっと高級牛を食べている人は物足りないでしょうし。
そう言う意味ではやっぱり頑張っているですよね。

 

S500_p1080090
洋食屋さんのちゃんぽん630円です。

 

S510_p1080092
洋食屋さんなのにちゃんぽんなんて?
変だと思うでしょ。
ラーメンもあるんですよ。
実はこれには訳があるんです。
最後に書きますね。

 

S600_p1080062
メニューです。(その1)

 

S610_p1080061
メニューです。(その2)

 

S620_p1080055
テーブルの上にはこんな物が。

 

S700
これ、これ。
嬉しいですよね~。
どんどん、禁煙のお店が増えて欲しいです。

 

S750_p1080095
店内の風景です。
お店に入って奥のテーブルから撮りました。

 

S760_p1080058
少しアップで撮りました。
ここは夜に使うのかな?

 

S770_p1080056
大きなテーブルがデーンって置かれています。

 

S780_p1080096
ここの壁にもステキな文字がありますね。

 

S790_p1080097
これ。
いいですよね。
その通りです。

 

S800_p1080099_2
お店の横には自動販売機コーナがありました。
注目して欲しいのはその下の文字です。
子鷺(こさぎ)って書かれているでしょ。
実は改装する前の店名は子鷺(こさぎ)だったそうです。

 

S810_p1080100
こんな感じでお店の横に自動販売機コーナーが隣接しています。

 

S820_p1080103
大鳥居の本当に横にあるんですよ。
田舎もんの看板が光ってますね。


津和野に来てこのお店をチョイスしました。
このチョイスはやっぱり間違ってませんでした。

ちゃんぽんやラーメンが何故あるのかと言うとね。
四川料理の名店の四川飯店ってありますよね。
現在はあの料理の鉄人に出ていた陳健一のお店です。
健一さんのお父さんの陳建民の高弟子からこの料理を教わったそうです。

実は、田舎もんは子鷺の時代はお店の左側が中華料理店、右側が洋風レストランだったそうです。
お店を改装するときに洋風レストランとして再生すると決められたそうです。
でも、このちゃんぽんとラーメンだけは捨て去ることが出来なかったそうです。
そのぐらい、この料理には思い入れがあるんですよね。
料理って素晴らしいですよね。
レシピと言う形で時代と場所を超えて食べれるんですから。
今回は津和野で四川飯店の味を食せました。
本当に感激した一品でした。

そう、思ってメニューをもう一回見直すと食べたい料理が沢山あります。
カレーも食べたいし、グラタンも食べたいし、ハンバーグも。
食べたい物が満載です。
何たって洋風料理も、とっても、美味しいですからね。
これは、早く、再訪したいですね。

そうそう、店名の由来を奥さんに聞きました。
運(うん)が欲しかったそうです。
で、最後に「ん」が付く店名を色々と考えたそうですよ。
そして思いついたのが「田舎もん」だったそうです。
な~るほどね。(笑)
 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 居酒屋 「いすず」 | トップページ | 焼きそば屋 「虹屋ミミ」 »

レストラン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/41301891

この記事へのトラックバック一覧です: レストラン 「田舎もん」:

« 居酒屋 「いすず」 | トップページ | 焼きそば屋 「虹屋ミミ」 »