« カレー屋 「Hot Spoon(ほっとすぷーん)」 | トップページ | カレー屋 「CURRY CURRY」 »

2008年5月 2日 (金)

そば屋 「板蕎麦 香り家」

店名:板蕎麦 香り家
カテゴリー:そば屋

住所:東京都渋谷区恵比寿4-3-10 中出センチュリーパーク1階
電話:03-3449-8498

営業時間:11:30~16:00  17:00~翌4:30
定休日:無休

HP:http://r.gnavi.co.jp/a020701/


……………………………………………………………………………………………

今日は板蕎麦 香り家に行ってきました。
このお店は 板そば が食べれるお店です。
板そばとは山形県の内陸部で広く食べられているそばの1つです。
さて、どんなお味か楽しみです。 

 

S020_p1050848
お店の概観です。
そば屋さんらしい落ち着いた面構えです。

 

S040_p1050850
お店の入口です。
いい感じです。
こういう感じのお店は好きですね~。
入口の右手のざるの中にはメニューが入っています。

 

S100_p1050854
突き出しです。
そば屋さんですよね~。

 

S110_p1050852
ビールを注文するとこれもセットで出てきました。

  

S120_p1050853
アップで撮りました。

 

S200_p1050859
合鴨焼き880円です。
鴨と葱のセットが5個入っていました。

 

S210_p1050862
この料理はお店のお勧め料理なんですよ。
後で出てくるメニューの上にオレンジのマークが付いているのがそうです。

 

S240_p1050885
どうですか、いい感じで焼けているでしょ。
鴨のジューシーな味わいと葱がまたマッチして美味しいんですよね。
東京に来てから鴨はよく食べるようになりました。

 

S250_p1050867
だし巻き玉子780円です。

 

S260_p1050869
この料理もマーク付きのお勧め料理です。
見た目は綺麗にできてます。
そしていい匂いがしているんですよ。
玉子好きには、たまらない一品ですね。

 

S270_p1050873
4個入りですから写真の1個が約200円です。
この価格が高いか安いかは議論があると思いますが、とっても美味しいです。
次も頼んじゃうかな~。(笑)

 

S300_p1050886
これが板そばです。
おためし蕎麦切り
880円です。
もり汁(右)と胡麻だれ(左)の2つのつけだれが付いてます。
勿論、これもマーク付きの料理です。

 

S310_p1050893
板そばは「ざる」ではなく写真のように 木で作られた長方形の浅い箱状の器に均一にそばが盛られています。
初めて見ました。
このお蕎麦は胡麻だれで食べた方が美味しいですね。
もり汁はそば湯で飲むときに使っただけかな。
次回は
胡麻だれそば切りでいいかな~って。

 

S380_p1050900
そばは少し太めです。
その太さが独特の食感を生んで もちもち感 があります。
どんどんと食べて行くとあごが疲れてくる感じです。
でも、それはここち良い感じなんですよ。
おおっ、今、まさに、そばを食べているぞ~って言う。
で、もっと、もっと、噛んでいたいと思わせる感じなんですよね。

うどんで言うと武蔵野うどんと同じ感じです。
お店で言うとうちたて家と同じ感じです。

 

S600_p1050881
メニューです。(その1)

 

S610_p1050882
メニューです。(その2)

 

S620_p1050874
メニューです。(その3)

 

S630_p1050877
メニューです。(その4)

 

S640_p1050878
メニューです。(その5)

 

S650_p1050879
メニューです。(その6)

 

S660_p1050883
メニューです。(その7)

 

S690_p1050894_2
店内の風景です。
写真に写っている大きなテーブルと私が座っていた8人が座れるテーブルがありました。
テーブルの向かいの人との距離が近くて混んでくるとちょっと...でした。
目が合ったり話している声がまる聞こえだったりしてね。
入店したときは3組ぐらいしか居なかったのですが、そばを食べているときには満席になりお店から出たときには店外に4名ほど待っている人が居ました。
中々の人気店です。

 

S700_p1050903
お店を出たときにはもう暗くなっていました。
夜もいい感じですね。
ライトと壁のバランスが絶妙でした。

 

S710_p1050845
お店の角にあったメニューボードです。
これもお洒落ですよね~。

 

S720_p1050846
上の部分のアップです。
そばの部分メニューですね。

 

S730_p1050847
下の部分です。
こちらはお酒のメニューです。


このお店は昼の顔と夜の顔があるのかなって。
お昼はお蕎麦屋さんなんでしょうね。
そして、夜は大人の居酒屋さんって感じです。
蕎麦は最後の〆の料理として存在している感じかな。

このへんの奥深さが東京の蕎麦屋さんだと思うんですよね。
関西の蕎麦屋は本当に蕎麦だけって感じのお店が多いですから。
こんな感じで色々と食べれて最後に蕎麦って感じではないですもんね。
東京の蕎麦屋さんは美味しいし、いい感じのお店が沢山ありますね。
まだまだ行きたいお店が沢山あります。
でも、このお店は再訪したいお店の1つですね。
  

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« カレー屋 「Hot Spoon(ほっとすぷーん)」 | トップページ | カレー屋 「CURRY CURRY」 »

そば屋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/41058188

この記事へのトラックバック一覧です: そば屋 「板蕎麦 香り家」:

« カレー屋 「Hot Spoon(ほっとすぷーん)」 | トップページ | カレー屋 「CURRY CURRY」 »