« 定食屋 「かちこしうどん」 | トップページ | ぜんざい屋 「新垣ぜんざい屋」 »

2008年7月 1日 (火)

沖縄そば 「きしもと食堂(本店)」

店名:きしもと食堂(本店)
カテゴリー:沖縄そば

住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地5
電話:0980-47-2887

営業時間:11:00~17:30
定休日:水曜日

HP:


……………………………………………………………………………………………


今日はきしもと食堂(本店)に行ってきました。
沖縄本土でも人気のお店です。
きしもと食堂は、この本店と沖縄美ら海水族館に行く途中の八重岳店がありますのでお間違えのないように。
味に変わりはないそうですが雰囲気を楽しむなら本店でしょう。
本店には少し離れた場所に3台程の駐車場があります。
小さなレンタカーなら店前にも止めさせてくれます。
私は店前OKで駐車しましたので。

 

S010_p1100132
お店の概観です。
年期が入っていますよね~。
緑のビニールシートの中はマキです。

 

 

S020_p1100133
創業明治38年の老舗店です。

 

S030_p1100131
手打ちそば
きしもと
食堂
3色で看板を有効に使ってますね。
シンプルです。

 

S200_p1100121
そば小450円です。
どんぶりは熱々です。
もう、持てないくらいですよ。

 

S210_p1100119
肉はトロトロでバッチリ味が付いていて美味しいです。
変な臭みなど一切ありません。

 

S220_p1100122
木灰を使用した独自の手法で作られています。
スープは熱々で鰹出汁がガツンと効いています。
鰹風味好きにはたまらないお味となってます。

 

S230_p1100123
麺はとってもコシがあり噛みごたえ満点です。
近所に居た地元の「おばあ」からの情報によるとこの麺は店主が精魂こめて手打ちでバンバン打っているそうです。
出来立てのそばは美味しいですよね。

 

S250_p1100128
小のどんぶりです。
外には、
きしもと食堂 の文字が入っています。

実はこの きしもと食堂 のそばは初めてでは無いのです。
大阪の阪神百貨店での催事で沖縄物産展のときに2回も食したことがあるんです。
そのときは、きしもとのそばは大したことは無いと判断していました。
スープにはコクが無いし、そばもいまいち、何故にこの店を阪神は呼んできたんだって、ず~と思ってました。
でも、今回の本店訪問でその認識は改められました。
催事場での調理方法が拙かったんでしょう。
初日に行かなかったので、そばも出来たてでは無く作り置きだったのかも知れません。
催事に来るときはもう少し力を入れて欲しいと切実に思いました。

 

S300_p1100116
ジューシ200円です。
ジューシとは沖縄伝統料理の1つです。
平たく言うと
炊き込みご飯のことです。
ここのはお持ち帰りでも直ぐに出来るようにパックに入って出てきます。
勿論、お持ち帰り可能です。

 

S310_p1100118
きしもとのジューシは濃厚ジューシ系です。
しっかりと味が付いてます。
私的には大好きな味です。
ジューシを食べて、そばの出汁を飲むと最高です。
アッと言う間に完食とあいなりました。

 

S500_p1100114
店内の風景です。
今回は店奥の座敷に座りました。
そこから撮った厨房方面です。
写真中央の所から料理が出てきます。

 

S510_p1100125
店奥から撮ってます。
こんな風に座敷とテーブル席があります。
壁にはサインや写真が所狭しと飾ってありました。
個人的にはこうゆうふうに飾ってあるお店は好きではないんです。
ここまで老舗になると、こういうのは何の宣伝にもならないと思うんですけどね。

 

S520_p1100129
そして、奥にもう1部屋あります。
個人の家の1部屋って感じです。
これはいい雰囲気をかもしだしていましたよ。

 

S530_p1100113
そして、なんと、えびすさんがあるではないですか。
びっくりしました。
沖縄にも戎神社系があるのだろうか.....

 
 

S600_p1100134
調理場の方には沢山のガスボンベが置かれていました。
休日やオンシーズンのときには行列が出来るらしいです。

 

S610_p1270151
少し手前(新垣ぜんざい店)から撮りました。
昔からある通りって感じですよね。
時代を感じます。

名護方面に行く機会があるのなら一度は行って欲しいお店の1つですね。
味、雰囲気、サービス、コスト、全てを現地で味わって欲しいです。
沖縄そばとジューシ。
最高です。

 

S700_p1090766
【番外編】
今回は神戸空港よりの出発です。
神戸空港での出発は初めてでした。
伊丹や関空に比べるとやっぱりおもちゃみたいな空港ですね。

 

S710_p1090742
JAL便で出発です。
勿論、マイレージ消化でタダ乗りって言うやつです。

 

S720_p1090776
さあ~て、今回は何処に行こうかな。
サーベイを読みこなして美味しい店に行かないとね。


今日もよく食べて飲んだぞ~!!
明日も 美味しい料理 と お酒 が飲みたいから.....
私の元気の源 しじみにんにく を買っとかないと。
また、ここで 、注文しとかないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 定食屋 「かちこしうどん」 | トップページ | ぜんざい屋 「新垣ぜんざい屋」 »

沖縄そば」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/41699630

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄そば 「きしもと食堂(本店)」:

» 2007年49杯目 きしもと食堂@沖縄県本部町 [麺食いのための「らぁめん is No.1!」]
2軒目は、そのまま県道を進んで、中心部にあるきしもと食堂。 明治時代に創業という古い食堂で、今は沖縄そば(+おこわ)だけに。 独特の製法での麺の評判が高いです。 こちらは6割ぐらいの入り。 そば(小)(450円)と手作りジューシー(200円)を。 小にしたものの....... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 07時22分

» 創業100年の沖縄そば2【きしもと食堂】 [日本食べある記@Blog]
 創業1905年(明治37年)の超老舗。食堂と言う名前ですが、メニューはそばとジューシーという炊き込みご飯のみです。最近は灰汁を使った手打ちそばの店も増えてきたそうですが、一時期はここぐらいしか見つからない時期もあったそうです。... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 09時52分

» きしもと食堂 本店@国頭郡本部町 [たけひこのラーメン全国食べ歩き]
4月6日(日)の昼に本部町のきしもと食堂 本店に行きました。前から名前を聞いたことがあり、行ってみたかったお店です。ネット等の情報によると明治38年の創業だそうです。 大通りから一本入った細い道沿いにありますが、たくさんのお客さんが来るお店のようです。近くのコン...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 23時44分

» きしもと食堂@本部町 [ラーメン気ままに食べ歩き]
7/30の分。 「八重そば」の後、続いて「きしもと食堂」を訪問。こちらは1905年(明治38年)創業と、100年以上続く老舗沖縄そば店!お客が常に絶えない人気店でもあります。 メニューは「そば(小・大)」と「じゅーしー」のみとシンプル。今回は「そば(小...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 21時27分

« 定食屋 「かちこしうどん」 | トップページ | ぜんざい屋 「新垣ぜんざい屋」 »