« インド料理 「モエナモティ(不動前店)」 | トップページ | レストラン 「洋食工房 一喜」 »

2009年3月13日 (金)

焼きそば屋 「きふね亭」

店名:きふね亭
カテゴリー:やきそば屋

住所:静岡県富士宮市貴船町12-1
電話:0544-24-4856

営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:無休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はきふね亭に行ってきました。
富士宮やきそばを食べに富士宮市までの遠征です。
前回は虹屋ミミさんで食べました。
絶品でした。
さて、今回はどうでしょぅか?

 

S010_p1050047
ここは焼きそばだけでなく、お好み焼、焼肉、鉄板焼と色々食べれそうですね。

 

S015_p1010779
左手の2階立ての家がお店です。
白と赤の車が止まっている場所が駐車場となってます。

 

S020_p1050046
反対側から撮るとこんな感じです。
赤い車がちょっと見えてますね。

 

S050_p1050050
お店の入口です。
和風な作りとなってます。

 

S090_p1050049
お店の暖簾です。
亭の文字がイケてますよね。
達筆です。
さて、入店しましょう。

 

S200_p1010831
お店の中は座敷とカウンターがありました。
今回はカウンター席に陣取ります。

 

S210_p1010842
突き出しです。
箸置きが可愛かったので一緒に撮ってます。

 

S220_p1010845
肉入りそば600円です。

 

S230_p1010843
待つこと20分程度、出来てきました。
これが富士宮やきそばです。

 

S240_p1010846
富士宮やきそばは麺に特徴があります。
コシが非常に強いんです。
富士宮の麺はコシを出すために普通のやきそばのように茹でると言う工程が存在せずに、蒸した後に強制的に冷却して表面を油で包み込みます。
これで、あの、独特な硬さの麺が出来上がる訳です。
後は肉かすを使っているのと、仕上げに削り粉を振り掛けるってことでしょうか。
肉かすを使っているのでかなり油ぽい感じとなります。
普通のやきそばとは全然、食感も味も違います。

  

S300_p1010836
メニューです。

 

S440_p1010833
店内の風景です。
カウンター席から調理場方面を撮ってます。

 

S450_p1010829
こんな感じのカウンターです。
田舎の小料理屋さんって感じかな。

 

S460_p1010830
こちらが座敷となってます。
個室タイプですね。

 

S500_p1050051
小料理屋って感じですよね。

 

S510_p1010852
こんな看板もありました。
富士宮やきそば店って言うのではなく、地元密着型の小料理屋さんって感じのお店でした。
お店は1階が店舗、2階が住居って感じです。
この日は女将さん1人で切り盛りされてました。
入って直ぐに、やきそばをオーダしました。
それで地元の人では無いことが直ぐに分かるそうです。
地元の人は最初にやきそばをオーダしないからだそうです。
なあるほどって。
B1ブームがなければ私もここまで来てませんもんね。

前回訪問の虹屋ミミさんの日記はここで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« インド料理 「モエナモティ(不動前店)」 | トップページ | レストラン 「洋食工房 一喜」 »

焼きそば屋」カテゴリの記事

コメント

B1のまち久留米に住んでいます。
富士宮やきそばB1で食べました、バリうまかったです!
本場で食べるともっと美味しいんだろうなぁdelicious
http://harapeco.yokochou.com/

投稿: ハラコミ | 2009年3月14日 (土) 12時15分

> ハラコミさん。

そうですか~。
前回のB1で食べられたんですね。
富士宮そばって美味しいですよね。
本場で食べるともっと美味しいと思いますよ。
お店も沢山ありますから食べ比べできますしね。

投稿: プレグル | 2009年3月15日 (日) 17時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/44197606

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きそば屋 「きふね亭」:

« インド料理 「モエナモティ(不動前店)」 | トップページ | レストラン 「洋食工房 一喜」 »