« ラーメン屋 「みつか坊主」 | トップページ | ラーメン屋 「凛や」 »

2009年8月18日 (火)

中華料理 「金春本館」

店名:金春本館
カテゴリー:中華料理

住所:東京都大田区蒲田4-5-6 プロスペリアビル1階
電話:03-3737-5841

営業時間:11:30~14:00 17:00~23:00(月~金)  1130~2300(土・日・祝)
定休日:年中無休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は金春本館に行ってきました。
蒲田で餃子が美味しいお店は、金春本館と歓迎と你好(ニーハオ)の3軒があるそうです。
その中で、今回は金春本館に行って来ました。
ここは、とっても美味しい、羽根付餃子が食べれるそうです。

   

S010_p1320608
お店の看板です。
黄色と赤の組合せですね。
中華料理店だ~って、遠くからでも分かります。
写真は、羽根付餃子と水餃子ですね。

 

S020_p1320605
お店の概観です。
商店街の中でも目立っていますよ~。
何たってこの色使いですから。
写真の左側のところで餃子を作っていますよ。

 

S030_p1320607
お店の前には、テレビに出たと大きく書いてありました。
ちょくちょくテレビに出ているようですね。
さて、入店しましょうか。
ここは自分でドアを開けるタイプです。

 

S200_p1320574
まずは何時ものように瓶ビール480円からスタートです。
今回はキリンの一番搾りです。

 

S210_p1320584
焼き餃子300円です。
スゴイ羽根ですよね~。
餃子は6個ですが全てが繋がっています。
こんな羽根は久しぶりに見たかも。

 

S220_p1320587
ちょっと斜めから撮ってみました。
綺麗に繋がっていますね。
お見事です。

 

S230_p1320592
2つを分離してみました。

 

S240_p1320597
では、食べてみまょうか。

 

S250_p1320599
箸で掴んでみると。
羽がちゃんと付いているのが見えますか~。
タレに付けて食べてみると。
わおっ。
肉汁がビュ~って飛びましたよ。
1つは服の方に飛んできてビックリ、慌ててオシボリで拭きました。
食べるときには注意が必要です。(笑)
熱々の餃子は沢山の野菜とお肉が入っていてジューシーでした。
皮は厚くて、モチモチ感があります。
このモチモチ感がたまりませんね~。
これなら水餃子も美味しいでしょうね。
次回の楽しみに取っておきましょう。

 

S260_p1320596
餃子の中はこんな感じです。
ギッシリと野菜と肉が詰まってます。
旨みが詰まった具材です。
ここの餃子にはニラとニンニクが入っていません。
ニンニクが入っていないので、臭くならないので、匂いを気にしないで安心して食べれます。

   

S300_p1320577
麻婆豆腐680円です。
次の1品は色々と迷ったのですが麻婆豆腐にしました。

 

S310_p1320581
四川や重慶のような辛さはなく、ほどよい味付けで食べやすいタイプです。
田舎で麻婆豆腐を食べているような、ホッとさせる味付けでした。
結構ボリュームがあり、これだけでもお腹いっぱいになりました。

 

S400_p1320582
店内の雰囲気です。
1階はテーブル席となっています。
私は端のテーブル席に座ってしまったので、こんな感じの写真になってしまいました。
奥にもテーブル席があるようです。

 

S410_p1320602
メニューの表紙は立派なものでしたよ。
このお店に来る人は餃子が美味しいのを全員が知っているようですね。
オーダーに必ず焼き餃子が入ってました。

  

S600_p1320604
お店は2階にもあるようです。

 

S610_p1320609
階段を上がっていって、商店街の横に入口があるようですね。

 

S620_p1320610
階段を上がる壁には沢山の説明が貼ってありました。

 

S700_p1320611
近所の神社(蒲田八幡神社)では夏祭りですね。
沢山の出店が出ていましたよ。
子供も大人も楽しめそうです。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチ

|

« ラーメン屋 「みつか坊主」 | トップページ | ラーメン屋 「凛や」 »

中華料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/45960044

この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理 「金春本館」:

« ラーメン屋 「みつか坊主」 | トップページ | ラーメン屋 「凛や」 »