« 居酒屋 「魚しんのすけ」 | トップページ | 立ち呑み屋 「屋台 安兵衛」 »

2010年1月19日 (火)

定食屋 「岡田屋」

店名:岡田屋
カテゴリー:定食屋

住所:岐阜県大垣市高屋町1-4-4
電話:0584-78-3356

営業時間:10:00~14:00 16:00~22:00
定休日:水曜日

HP:http://j47.jp/okadaya/

……………………………………………………………………………………………

今日は岡田屋に行ってきました。
ぶら~り一人旅で、思いつき途中下車っていうやつです。
今回はJR大垣駅で降りました。
何故って?
ここが新快速の乗り換え駅だったからです。
さて、いいお店に出会えるでしょうか。

 

A010_rimg0027
御食事処
駅前岡田屋
見つけましたよ~。
とってもレトロで心をくすぐられるお店を。

 

A015_rimg0009
さて、JR大垣駅ですが。
何処にでもあるような画一的な駅ビルとなってます。
駅前って本当に何処でも一緒ですね。
楽しみが少ないです。
駅前の広場に何か面白い物は無いのかなって散策しているとありましたよ。
芭蕉元禄の街 大垣
奥の細道むすびの地
あの松尾芭蕉が元禄2年(1689年)に江戸深川から2,400Km旅をして、この大垣で旅を終わりにしたようです。
そう、あの「奥の細道」の結びの地だったんです。
この地には奥の細道むすびの記念館もありますよ。

  

A020_rimg0049
そんな大垣の街をウロウロしているとターゲット発見!!
駅前のロータリー付近を散策していると見つけちゃいました。
遠めに暖簾が出ているのが見えます。
わおっ。
良かった開いていそうですよ。
だって、今は10時過ぎなんですよね。
普通は11時か11時半にオープンって感じのお店が多いでしょ。
もっと近づいてみましょう。

 

A030_rimg0028
お店の概観です。
いい顔していますよね。
古くからこの大垣の街で営業していました。
みんなから慕われて常連さん多しだよって。
和食・丼物・麺類・天ぷら
庶民の食べ物がいっぱいありそうですよ。
わくわく。

 

A040_rimg0026
ネットで検索してみるとHPがあったんですよ。
意外でしたが。
お店は戦前から営業していたようです。
創業から65年が経過しています。
やっぱり昔から営業していたんですね。

 

A050_rimg0029
店前にはショーケースが左右にあります。
美味しそうな料理が沢山並んでいますよ。
ここは定食類を置いていますね。
・おでん定食 800円
・うどん定食 900円
・中華定食 950円
・味噌かつ定食 1,300円
・かつ定食 1,300円
・焼肉定食 1,300円
・やきそば定食 1,000円
・からあげ定食 1,100円
・えびフライ定食 1,300円

ん~、美味しそう!!
でも、お昼じゃないし....

  

A190_rimg0048
お店の暖簾です。
白地に食堂 岡田屋って書いていますね。
シンプルな暖簾ですね。
さあ、入店しましょう。

 

A200_rimg0039
言わば朝飯代わりなので定食は重いって感じてメニューを見ているとこれを発見しましたよ。
中華そば550円です。
その他には
・中華そば玉子入り 600円
・五目中華そば 850円
・和風ちゃんぽん 850円
がありましたよ。
でも、今回はシンプルに中華そばにしました。
12時過ぎにはちゃんとお昼ご飯も食べないと駄目だし。

出てきた中華そばは昔懐かしいビジュアルをしていましたよ。
まずは何時ものようにスープから飲んでみます。
わおっ。
屋台の中華そばの味ですよ。
そう言えば、こんな感じのスープを飲んでいたよな~って。
本当に昔食べていたシンプルなんだけど美味しいスープです。
これはいいですね~。

  

A210_rimg0042
次に麺を食べてみます。
麺はもちもちしていて食感がよく、これまた懐かしいお味でした。
食べ進んでいくうちに、何故だかうんうんうんとうなずいてしまいました。
ほんわかした気持ちになれましたよ。

 

A220_rimg0044
チャーシューもシンプルなお味で好感が持てましたよ。
美味しくてアッと言う間に完食です。

 

A300_rimg0033
店内の風景です。
店内のちょうど真ん中から入口方面を撮っています。
店内は4人掛けのテーブルで構成させています。
概観に比べて店内のテーブルと椅子は新しい感じがしますね。
数年前にリニューアルしたような感じです。
照明や床はレトロな感じで赴きがありますね。

 

A310_rimg0030
少し右手に振りました。
右側は座敷タイプになっていますよ。
ここで、おっちゃん達が毎夜、毎夜、お酒を飲みながら美味しい料理を食べているんでしょうね。

 

A320_rimg0047
左手です。
壁に掛かった黒のメニュー板が雰囲気を出していますよ。
これも何だかレトロ感をだしています。

  

A330_rimg0031
奥は座敷タイプになっています。
右側が調理場です。
会計所の前におでんが置いてありました。
時間が時間ならビールを飲みながらおでんで一杯っていうのも良いでしようね。

岡田やさん。
朝の10時からやっているが良いですね。
重宝しそうです。
本当はもう少し早くからやっていると朝食って感じになるんでしようが。
でも、10時~11時の間は無風地帯となるので重宝すると思います。
なんたって私が重宝しましたから。
お店はお母さんが調理場を担当しお父さんがホール担当って感じです。
お父さんは接客がよく、よく気が付くタイプでした。
今回はお話出来ませんでしたが色々と昔話とか聞きたいものです。
何回か通うと家に帰ってきたような雰囲気を持っているお店だと思います。
そのうち「ただいま~。」ってお店に通っているかも知れませんね。
さあ、お腹も膨れた事だしそろそろ行きまょうか。

  

A800_rimg0053
駅に戻って東に向かいます。
今日はちょっと暖かくて良かったです。
途中、関ヶ原付近で雪が積もっていたのはビックリしましたが。
今日は電車も遅れる事なく順調です。
電車は10時40分発です。
さあ、次はどんなステキなお店に出会えるかな。
ホームに降りて並びましょうか。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 居酒屋 「魚しんのすけ」 | トップページ | 立ち呑み屋 「屋台 安兵衛」 »

定食屋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/47334700

この記事へのトラックバック一覧です: 定食屋 「岡田屋」:

« 居酒屋 「魚しんのすけ」 | トップページ | 立ち呑み屋 「屋台 安兵衛」 »