« 焼肉屋 「石橋やおき」 | トップページ | 回転寿司 「函館市場(イオン大日店)」 »

2010年4月26日 (月)

立ち呑み 「三宅商店」

店名:三宅商店
カテゴリー:立ち呑み

住所:三重県伊勢市宇治今在家町292
電話:0596-22-4506

営業時間:10:00~17:00
定休日:無休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は三宅商店に行ってきました。
伊勢神宮の内宮を参拝後に行って来ました。
内宮の周りのおはらい横丁の中にあります。

 

A010_rimg0490
お店の看板です。
大きな面に白鷹と書いてあります。
そして、小さな面に白鷹 三宅商店と書いてありますね。
結構、年期が入った看板ですよ。

 

A020_rimg0487
お店の概観です。
左側が立ち呑みのスペースで右側がお酒の販売スペースとなっています。
屋根の上に大きな看板があります。
金字で白鷹って書いてあります。
白鷹は兵庫県は西宮市にある酒蔵メーカーです。
文久2年(1862)年創業の老舗酒蔵なんですよ。
ここのお酒を販売しているんですね。

 

A030_rimg0489
お店の前には沢山の杉玉が吊るしてありました。
ここは4個吊るしてありますね。
そして、白鷹の樽が積んでありますね。

 

A040_rimg0492
外から見た立ち呑みスペースです。
写真を撮っているときは人が居ませんでしたが、後で満員になりましたよ。
人が1人でも居ると入ってみたくなるんでしょうね。

 

A200_rimg0501
立ち呑みスペースのメニューです。

・特別限定酒 白鷹 1合450円 5勺230円
・純米大吟醸 白鷹 1合600円 5勺300円
・にごり酒 しろき 200円

そうそう、生ビールもありましたよ。

さて、どれにしましょうか。

 

A210_rimg0497
今回は特別限定酒 白鷹 1合450円にしました。
お猪口に溢れんばかりに、そそいでくれますよ。

  

A220_rimg0495
そして、無料で塩をくれます。
塩をなめながらお酒を頂きます。
最初は口をお猪口に持っていって飲んで下さいって言われます。
このまま持ち上げるとこぼれてしまうからでしょうね。
飲みやすいお酒でした。
ゆっくり、ゆっくり、味わいながら飲み進めました。
勿論、塩と一緒にね。

 

A230_rimg0502
これがサービスでくれた塩です。
販売もしていました。

海の水から作ったお塩、岩戸の塩って書いていますね。

・376gで2400円
・125gで820円

 

A240_rimg0504
岩戸の塩の表面です。
パッケージの絵が夫婦岩なんですね。

 

A250_rimg0503
岩戸の塩の裏面です。
この塩は伊勢市の二見町で作られているんですね。
なので、パッケージが夫婦岩になっていたんですね。

 

A300_rimg0500
白鷹は伊勢神宮の御料酒になっているんですよ。

白鷹のHPによると。
私たちが朝晩の食事をとるように、伊勢の神々にも古くから 朝晩の食事が供えられてきました。
伊勢神宮ではこれを日 別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけのまつり)と呼び、 伊勢の大神の御饌(みけ)は、豊受大神宮(外宮(げぐう))の 御饌殿(みけでん)という御殿で供されます。
大御神にそなえ る大御饌(おおみけ)は、鯛、昆布、御飯、鰹節、野菜などが あり、専用の土器(かわらけ)には酒が入っています。
白鷹は 、全国数ある酒蔵の中よりただ一つ、この神宮御料 酒に選 ばれ、以来一日も欠かすことなく献上をつづけ、神 宮の神々 に供えられています。
と、書いてあります。
白鷹の一社独占だったんですね。
これは知りませんでした。

 

A310_rimg0499
立ち呑みスペースの目の前には白鷹の樽が一杯ありましたよ。

 

A320_rimg0505
お店の中には濃紺の暖簾が掛かっていました。
ここにも白鷹って書いてありますね。
居心地の良い立ち呑み屋さんでした。
さあ、次のお店に行きましょう!!

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 焼肉屋 「石橋やおき」 | トップページ | 回転寿司 「函館市場(イオン大日店)」 »

立ち呑み」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/48185392

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち呑み 「三宅商店」:

« 焼肉屋 「石橋やおき」 | トップページ | 回転寿司 「函館市場(イオン大日店)」 »