« 居酒屋 「ざぶん」 | トップページ | 食堂 「青山商店」 »

2010年5月15日 (土)

フランス料理 「アヴァン プティ・ジョア」

店名:アヴァン プティ・ジョア
カテゴリー:フランス料理

住所:愛知県名古屋市中区伊勢山1-9-13 伊勢山ハイツ1階
電話:052-228-0804

営業時間:11:00~15:00  18:00~22:00
定休日:無休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はアヴァン プティ・ジョアに行ってきました。
名古屋ではダントツで有名なトゥ・ラ・ジョアの系列店です。
お昼はパスタ、夜はビストロって感じで営業しています。
今回はディナーに行ってきましたよ。

 

A010_rimg0454
お店の看板です。
渋いですよね~。
petite Joieってオレンジで書いています。

 

A020_rimg0450
お店の概観です。
オレンジとグリーンで構成されたとってもモダンなお店です。
お店の前に小さなテーブルが置いてありますよね。
これって何だか分かりますか?
実はこのお店は禁煙店なんです。
このテーブルは喫煙スペースになっているんですよ。
嬉しいじゃないですか。
料理店はこうでないとね。
もう、これだけでポイント大アップです。
腕に覚えのある実力のある飲食店はやっぱりこうですよね。
これを見た瞬間に期待が大きく膨らみました。
このお店は名古屋の大親友が予約してくれたお店なんですよ。
流石、良いとこを予約してくれたな~って大感謝です。

  

A030_rimg0456
お店の入口です。
ここは自分で引いて開けるタイプです。
右手にカウンター席が見えていますね。
左手はテーブル席です。
私達は一番奥のテーブル席に案内されましたよ。
私は写真を撮っている間に置いてきぼりです。(笑)

 

A200_rimg0457
テーブルに着くとおしぼりを出してくれました。
手を拭いてメニューを眺めます。
まずは飲み物からだよね~って...
ワインも沢山あって迷います。
ん~、どれにしょうか~って。

 

A210_rimg0478
今回は白ワインからのスタートです。
ラッケ ヴィタエ・ピノ・グリージョ3,200円です。
イタリアのワインなんですよ。
ボトルのデザインがスタイリッシュでお洒落ですよね。
そして、辛口タイプです。

 

A220_rimg0484
2000年に誕生し伝統とモダンの融合した独特なスタイルで世界的に大ヒットした「ヴィタテ」の白ワインです。
フレッシュな果実と洋ナシやパイナップルが特徴のアロマなんですよ。
このワインは魚介料理、肉料理、オードブルと好相性です。

 

A230_rimg0474
さあ、乾杯!!
いよいよ、本日のメインディナーの始まりです。
このワイン、とっても美味しいですよ。

 

A240_rimg0490
最初の一品です。
鮮魚のカルパッチョです。
お魚は北海道の生ホッケ、石鯛、黒鯛の3種類なんですよ。
トマトは高知のフルーツトマトになっています。
白ワインに合う料理と言うことで最初にこれにしました。
魚好きな私にはたまらない料理でした。
刺身も良いですがこうやってカルパッチョにして食べるのも美味しいですよね。
最初から大満足な一品でしたよ。

  

A250_rimg0494
バーニャカウダ1,300円です。
バーニャカウダってピエモンテ語で「バーニャ」はソース、「カウダ」は熱いと言う意味なんですよ。
色んな種類の有機野菜が3つずつセットされていましたよ。
1人1つずつって事ですね。
あっ、トマトだけは2つずつですね。
彩りも鮮やかで見た目も楽しめます。
野菜は新鮮でとっても美味しかったです。

  

A260_rimg0496
バーニャカウダソースです。
このソースがまたまた絶品なんですよ。
もう、たまりませんよ。
感動のソースでした。

 

A270_rimg0505
これ何の肉だと思います。
実はこれは鴨なんですよ。
ビュルゴー家のシャラン鴨なんです。

鴨と竹の子のラタトューユです。

 

A280_rimg0504
これがまた絶品なんですよ。
もうたまりません。
鴨好きにはたまりませんよ。
素材が良いのは当然ですが味付けも抜群でした。
とっても美味しかったですよ。
ワインも白から赤にチェンジです。

 

A290_rimg0507
次は赤ワインにしましたよ。
コーディア シャトー・レイノン・ルージュ5,900円です。
フランス産でフルボディのワインです。

 

A300_rimg0511
樽香と熟した果実のきわめてエレガントなブーケに、ストレートなフルボディ感と調和の取れた味わいのあるワインです。
1958年、ジャック・デイヴィット氏がプルミエール・コート・ド・ボルドーに16世紀から続くシャトーを購入しました。
その後に全面的な畑の植え替えを行い、現在ボルドー大学の醸造学者ドゥニ・デュブルデュー教授が引き継いで手がけているワインです。
まさに伝統的なボルドーワインですよね。
なめらかなタンニンがたまりませんよ。
極上です。
肉料理と好相性なワインですよ。
一言。
う~ん、旨い!!

 

A310_rimg0517
女神のパスタ1,050円です。
塩とオリーブオイルのみで味付けされたパスタです。
シンプルなんだけど美味しいって感じです。
でも、何故に女神なんだろう?
今度、行ったときに聞いてみようかな。

 

A320_rimg0514
そして、最後の一品を迷ったんですよね。
赤を頼んだんで肉料理をオーダしようとしていたんですが。
ホールの人と色々と相談してどうしようって。
で、色々と相談しているとオーナーが登場してね。
今日のおすすめはこれですって持って来てくれたんですよ。
満面の笑みと一緒にね。

 

A330_rimg0513
どうですか。
この色艶は。
これを見たらオーダーしない訳にはいきませんよね。
めちゃくちゃ美味しそうですよね。
思わずかぶりつきそうになりましたよ。
って、獣じゃないから。(笑)
でも、新鮮で美味しそうなのは分かりますよね。

 

A340_rimg0526
で、さっきの肉を使って出てきた料理がこれです。
赤牛の葡萄の枝焼き3,500円です。
お肉と有機野菜のセットになっています。
お皿もお洒落で華がありますよね。


お皿の奥に4種類の薬味があります。
薬味を変えて色んなお味が楽しめるようになっているんですよ。

右の赤いのから順番に
・赤がアリッタ、唐辛子をベースにしてミント、ニンニクなどが入っています。
・青がバジリコです。
・黄色がクルミが入ったマスタードです。
・緑が熊本の柚子胡椒、青唐辛子がバチッり効いています。

  

A350_rimg0532
お肉のアップです。
見ただけで美味しいのが分かりますよね。
もう、絶品です。
全ての薬味で味わって食べました。
フルボトルとの相性もバッチリ大満足の1品でした。

 

A360_rimg0530
この野菜達がまた美味しいんですよ。
いい感じで食べる事が出来ました。

 

A500_rimg0520
店内の雰囲気です。
一番奥のテーブル席から入口方面を撮っています。
壁の白さが気持ち良かったです。
店内は禁煙となっているので過ごしやすかったですよ。
イスがお洒落ですよね。
テーブルとイスが落ち着いた雰囲気をかもし出しています。
壁の絵もいい感じでした。

 

A510_rimg0522
少し左に振りました。
こっちはカウンター席です。
ここはカウンターの中が調理場ではないんですよ。
調理場は店内の一番奥になっています。
このお店だったらカウンター席でも落ち着いて食事が出来そうですね。
木をふんだんに使ってお洒落で落ち着いた雰囲気です。

デートにも最適なお店だと思います。

 

A520_rimg0458
壁にはこんな感じでおすすめメニューもありましたよ。
でも、色々とお店の人が最適な料理を提案してくれるので余り見ませんでした。
ホールの人は本当にお客さんの好みを聞いて提案してくれますよ。
お客さんの目線にたったナイスな接客でした。

 

A600_rimg0534
シェフです。
最後にお見送りまでしていただきました。
本当に美味しい料理をありがとうございました。
大感動の料理の数々でした。
まだまだ食べたい料理が沢山あります。
色々とお話もさせていただきとっても楽しかったです。
そして、勉強にもなりました。
名古屋に行ったときにはまた行きたいと思います。

 

A610_rimg0536
そして、最後に、スタッフさん勢ぞろいでパチリです。
笑顔が良いですよね~。
こんな素敵な笑顔と真心でもてなしてくれるんですよ。
もう、言葉は要りませんよね。
居心地が良くて美味しい料理が食べれるのは間違い無しです。
本当に楽しい時間でした。
ありがとうこざいました。
また、行きますね!!!

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 居酒屋 「ざぶん」 | トップページ | 食堂 「青山商店」 »

フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/48353479

この記事へのトラックバック一覧です: フランス料理 「アヴァン プティ・ジョア」:

« 居酒屋 「ざぶん」 | トップページ | 食堂 「青山商店」 »