« 居酒屋 「酒田屋」 | トップページ | 居酒屋 「世界の山ちゃん(JR名古屋新幹線通り店 )」 »

2010年5月12日 (水)

うなぎ料理 「まるや本店(名駅店)」

店名:まるや本店(名駅店)
カテゴリー:うなぎ料理

住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本館9階レストラン街
電話:052-585-7108

営業時間:11:00~23:00
定休日:百貨店に順ずる

HP:http://www.maruya-honten.com/


……………………………………………………………………………………………

今日はまるや本店(名駅店)に行ってきました。
名古屋駅近くの名鉄百貨店本館9階にお店はあります。
ここは人気のお店なんですよ。
名古屋のひつまぶし食べ比べシリーズです。

他店のひつまぶし日記です。
しら河(栄ガスビル店)の日記はここで。
あつた蓬莱軒(本店)の日記はここで。
うな富士の日記はここで。
藍の家亭の日記はここで。

  

A010_rimg0406
「○や本店」と書いて「まるや本店」って言うんですよ。
この店名には次のような思い入れがあるそうですよ。

三つの心得

・「円」の字
 あらゆる生物・自然、ひいては宇宙そのものを表す。
 どこまでもいつまでも途切れることがない。
 欠けることのない絶対の真理を表す。
 思いを持ち続けること。
 自分自身を認めながら真理を考えることが商売繁盛につながる。

・「○」の字
 どこまで行っても元に返る。
 必ず帰ってくるよう航海の安全を願い、漁船の名前の後にはこの文字が使われる。
 私どもの日々の中においても良いこと、悪いこと、それぞれ必ず自分に戻ってくる
 ことであり、貢献できればお客様に何度も来てもらえる。

・数字の「0」
 毎日が0からのスタート。
 お客様を通じて常に学ぶ気持ちで毎日を新しい一日、
 新しい出会いと考えて楽しい気持ちでがんばっていきたい。

 

A020_rimg0407_2
お店は名鉄百貨店のレストラン街にあります。
ここには沢山のレストランが入っているんですよ。
名古屋名物で有名なお店も入っています。
みそかつの矢場とん、煮込みうどんの山本屋総本家.....
そんな中でも、このまるや本店は大行列のお店なんです。
日曜日のお昼だと軽く1時間待ちです。
下手をすると2時間以上は待たないと駄目だそうです。

 

A030_rimg0404
お店の入口です。
お洒落な雰囲気ですね。
ドアを見ると真ん中に丸い穴が空いていて店名とのコダワリを感じます。
さあ、入店しましょう。

  

A200_rimg0380
まずは何時ものようにビールからのスタートです。
ここは
キリンの一番搾り630円です。
ぷふぁ~。
旨い!!

 

A210_rimg0369
ひつまぶしが出来るまでのアテって事で注文しました。
おつまみ6種盛り600円です。
可愛く彩り鮮やかに盛り付けされています。
器と食材のバランスがいい感じですよね。
食欲をそそります。

 

A220_rimg0372
イクラと蛍烏賊です。
酒飲みにはたまりませんよね。
両方とも好きな食材なんですよね。
もう、ビールが進んで大変なことに。(笑)

 

A230_rimg0371
魚の煮たものと....もう1つは何だったけ?
印象に残っていない。
時間が経つと忘れちゃいますね。(泣)

 

A240_rimg0370
イカの塩辛と豆腐です。
イカの塩辛も嬉しい食材です。
これはご飯があったらパクパク食べてしまうかも。
お豆腐は口当たりもよく美味しくいただけましたよ。

 

A300_rimg0385
おつまみ6種でビールを楽しんでいると、出てきましたよ。
本日のメイン料理の登場です。
今回注文したのは
上ひつまぶし1,990円です。
このお店で一番人気の料理なんですよ。
それに、
きも吸210円を追加しました。
大きなおひつともきも吸、薬味、漬物、海苔が出てきました。
さて、蓋をとってみましょう。

 

A310_rimg0387
蓋をとると香ばしい鰻の香りが漂ってきましたよ。
さて、ひつまぶしの食べ方ですが。
このままの状態で、しゃもじで4~5回かき混ぜます。
1膳目は、このままのお茶碗によそって食べちゃいます。
2膳目は、好きな薬味を入れて食べます。
そして、3膳目は薬味を入れてダシを掛けてお茶漬け風にして食べます。
1度に色んな食べ方が出来るから嬉しいですよね。

 

A320_rimg0389
ここの鰻は鹿児島・宮崎等全国から、その時期に一番脂の乗った物を厳選しているそうです。
厳選された鰻のうち良い物だけを活きたままの状態で直送しているそうです。
だから、こんなに美味しいんですね。
そして、タレは160年間変わらない製法でつくられているたまりをベースに継ぎ足し継ぎ足しで大切に使用されているそうです。
 
 

A325_rimg0398
ダシです。
急須もお洒落ですね。
横にちゃんと赤で○が書いてありますよ。
ここにもコダワリがありますね。
ダシは「お願いします。」って言ってから持って来てくれるんですよ。
温かい状態で提供しますって事なんでしょうね。
ここにもサービスの質の高さが感じられます。

 

A330_rimg0396
これはダシと薬味を入れた状態の写真です。
3膳目の食べ方です。
このお店ではこの食べ方が一番私に合っていました。
そのままではタレ味がしつこい感じでした。
ダシで食べるといい感じで食べれましたよ。

 

A340_rimg0391
きも吸です。
追加でオーダーした分です。
味付けも良く美味しくいただけました。

 

A350_rimg0392
お漬物です。
愛知県産の「かもかり」を原料に下漬けから本漬けまで水と機会を一切使用せずに、酒粕・みりん粕と職人の手で時間を掛けて仕上げられた奈良漬けだそうです。
とってもいい感じで漬かっていましたよ。

 

A360_rimg0384
白焼き2,100円です。
6切れ入りですね。

 

A370_rimg0382
この白焼きが抜群に美味しかったんですよ。
鰻の旨さが最高に引き出されていました。
次回は白焼きで日本酒をキュッとやりたいと思っちゃいましたよ。
これはお友達がオーダーした物だったので1切れだけもらいました。

  

A380_rimg0403
食べ終わって寛いでいると最後にお茶のサービスがありました。
このお茶は「深蒸し茶」って言うんですよ。
三重県は鈴鹿市の専用茶園で丹精込めて作られている逸品だそうです。
この〆のお茶がまた美味しいんですよ。
最高のおもてなしでした。
やりますね~、まるやさんって皆で叫びましたよ。

  

A500_rimg0368
店内の雰囲気です。
今回は入口近くの掘りごたつ式のテーブル席に案内されました。
ここは4人テーブルが3つありましたよ。

店内は広々としておりとっても綺麗で上品な作りになっていました。

 

A510_rimg0366
丁度、真ん中のテーブル席に座りました。
こっちは入口側です。
サービスも良く、とっても居心地の良いお店でした。
沢山の人が行列しても食べたいって言うのが分かりました。

まるや本店。
まるや本店のうなぎですがこだわりがあるんですよ。
ぐるなびに書いているキャッチが凄いんです。
こう書いてあるんですよ。
「本物の味!名古屋名物ひつまぶし専門店。食べて納得、行列覚悟でご来店下さい。」
行列覚悟で来て下さい。って書いているんですよ。
凄い自信だと思いませんか。
実際、凄い行列なんですけどね。
でも、行って食べて納得です。
行列をしてでも食べたいですね。
味だけでなく、それ以外の部分でも素晴らしいと思いました。
名古屋の名店であることは間違いないと思います。
また、食べに行きたいものです。


他店のひつまぶし日記です。
しら河(栄ガスビル店)の日記は
ここで。
あつた蓬莱軒(本店)の日記は
ここで。
うな富士の日記は
ここで。
藍の家亭の日記は
ここで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 居酒屋 「酒田屋」 | トップページ | 居酒屋 「世界の山ちゃん(JR名古屋新幹線通り店 )」 »

うなぎ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/48331080

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ料理 「まるや本店(名駅店)」:

« 居酒屋 「酒田屋」 | トップページ | 居酒屋 「世界の山ちゃん(JR名古屋新幹線通り店 )」 »