« 立ち呑み 「さヽ」 | トップページ | 焼きそば屋 「音屋」 »

2010年8月22日 (日)

和菓子 「とらや饅頭」

店名:とらや饅頭
カテゴリー:和菓子

住所:岐阜県高山市二住之町75
電話:0577-32-0050

営業時間:8:30~18:00
定休日:

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はとらや饅頭に行ってきました。
高山の市内にある饅頭屋さんです。
高山では人気店のようです。
さて、どんな感じなんでしょうね。

 

A010_rimg0930
お店の看板です。
名代
とらや饅頭
って書いてありますね。
「や」の文字が大胆で面白いですね。

 

A020_rimg0919
お店の概観です。
渋い感じの和菓子屋さんです。
屋根の上に とらや と大きく書いてあります。
扉はガラガラって横に開けるタイプですね。
ガラス張りなので中の様子がよく見えます。
このお店は天保元年1830年創業なんですよ。
江戸時代から高山の地で作り続けているんですね。

 

A190_rimg0925
お店の暖簾です。
白地に店名とロゴが書いてあります。
ロゴはセンターに大きく書いています。
こんな形の暖簾も珍しいですね。
さあ、入店しましょう。

 

A200_rimg1175
今回は3種類をチョイスしましたよ。
1つ1つに「とらや」って書いてあるビニールに包んであります。
さて、個別に見ていきましょうか。

 

A210_rimg1176
豆大福130円です。
大福の周りに豆が配置されています。
豆はえんどう豆ですね。

 

A230_rimg1180
中は餡が沢山入っていました。
きめ細やかでびっちり詰まっています。
食べてみると甘すぎず柔らかすぎずほど良い甘味が口の中を駆け巡ります。
外の大福はもちっ~としており餡との相性はバッチリです。
これは中々のレベルの大福です。
くどく無いので何個でも食べれちゃいそうです。
近くにお店があれば通っちゃいそうです。

 

A240_rimg1183
よもぎ大福130円です。
最初によもぎの香りが漂ってきます。
見た目もよもぎ色で食欲をそそります。

 

A250_rimg1185
半分に割って中を見てみると豆大福と同じように沢山の餡が詰まっています。
餡は豆大福と同じです。
同じ餡なのですがよもぎが加わる事によって味の変化が楽しめます。
よもぎ大福は結構好きかも。

 

A260_rimg1190
栗大福130円です。
これは中に栗が入っているバージョンですね。
上にちょこっと栗が見えてます。

 

A270_rimg1194
半分に割って中を見てみると、栗が1つ入っていたんですね。
上の方に鎮座していました。
栗と餡が、また、合うんですよね。
栗の食感と味がアクセントになっていい感じでした。
もっちりした大福、極上餡と栗を一緒に食べると至福のひと時を味わえます。

 

A410_rimg0932
お店の車なんですが、ドアの所に虎の絵が書いてありました。
面白い!!
しっぽが長いですね。
これを見ると「とらや」って直ぐに分かりますね。

とらやさん。
とっても美味しい大福に出会えました。
お店には色々なバージョンの大福がありました。
色々と食べてみたいですね。
高山に行ったらまた行こうっと。
いちご大福が大好きなので美味しい季節に買いたいですね。

いちご大福で美味しいって思ったお店は金蝶園総本家でした。
金蝶園総本家の日記はここで。

そう言えば、伊勢に行った時も食べました。
五十鈴茶屋って言うお店です。
五十鈴茶屋の日記はここで。

高山の鍛治橋の面白オブジェの日記はここで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« 立ち呑み 「さヽ」 | トップページ | 焼きそば屋 「音屋」 »

和菓子」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/49072197

この記事へのトラックバック一覧です: 和菓子 「とらや饅頭」:

« 立ち呑み 「さヽ」 | トップページ | 焼きそば屋 「音屋」 »