« 道の駅 「ひらふく」 | トップページ | カフェ 「L'a ssemblee(ラ・センブレ)」 »

2010年9月29日 (水)

とんかつ屋 「梅八(千里中央店)」

店名:梅八(千里中央店)
カテゴリー:とんかつ屋

住所:大阪府豊中市新千里東町1-3-12 千里中央駅ビル
電話:06-6831-5071

営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

HP:http://r.gnavi.co.jp/k109204/


……………………………………………………………………………………………

今日は梅八(千里中央店)に行ってきました。
北大阪急行の千里中央駅近くのとんかつ屋さんです。

 

A010_rimg0259
お店の看板です。
梅八
UMEHACHI
とんかつ
って、オレンジ色で書いてありますね。

 

A020_rimg0250
お店の概観です。
左手に沢山の食品サンプルが並んでいますね。
こういう風に並んでいると選びやすいので嬉しいですよね。
前面に出ている、お勧めの品を見てみると。
・ミックスフライ定食 840円
・ひと口カツ定食 790円
・大判カツ定食 790円
・ビールセット 1,420円
・ネギおろしかつ定食 1,100円

ビールセットってヘレかつ定食 or ロースかつ定食に生中と突き出しが付いてます。
これをオーダーしたいけど、今日は飲めないし...
さて、どれにしょうかな。

 

A190_rimg0252
壁に張り紙があります。
ご飯とキャベツはお代り自由のようですね。
これは嬉しいですね。
それから、終日禁煙のシールが張ってあります。
これは、非常に嬉しいです。
って、いうか、偉いです。
もう、ここに決めました。

暖簾は外壁と同じ色で統一されています。
端にロゴと店名が白抜きで書いてあります。
渋い感じですね。
では、入店しましょう。

 

A250_rimg0236
今回は大判かつ定食790円にしました。
メインの大判かつにご飯、赤出汁、漬物が付いてきます。
そして、ご飯とキャベツはお代り自由です。
ソースは無くなればテーブルの上にあるので自分で追加できます。
キャベツに掛けるドレッシングは3種類あり自分でチョイスして掛ける事が出来ます。

 

A260_rimg0233
本日のメイン料理の大判かつです。
がっつり食べたい時にはいいかも知れませんもね。
若者向きって感じです。
8個に切り分けられたカツがお皿一杯に鎮座していますね。

 

A290_rimg0244
カツの断面です。
790円で、このボリュームですから、こんな感じでしょうね。
食べ応えがありましたよ。
お腹が一杯になっちゃいました。

 

A500_rimg0247
店内の様子です。
店内は全てテーブル席になっていました。
天井が高く開放感があり綺麗なお店でした。
ホールは女性2名が切り盛りされており、テキパキとこなされていました。
厨房から離れた所に座ってしまうと、お代りのタイミングが難しいです。
しかしながら、今回は、よく気が付く担当の人でスムーズに出来ました。

お昼どきの混雑時は相席となります。
相席が嫌な人は、閑散時か、やめた方が無難だと思います。

梅八さん。
創業40周年前後だそうです。
昔ながらの素材重視をベースに現在のニーズにマッチするように改善を加えているそうです。
男女年齢をとわずに食べてもらえるように豊富なメニューで対応しているのが嬉しいですね。
どれにしようか迷ってしまうぐらいありますもんね。

ここだけじゃなく、阪急三番街、池袋にもお店があるようです。
とんかつ店以外にも天ぷら店、しゃぶしゃぶ店、イタリアン、中華料理と多角経営をしているようです。
また、食彩健美 野の葡萄と言う店名で5店舗ほど経営されています。
契約農家直送の野菜をふんだんに使ったヘルシーなお店のようです。
このお店も気になりますね。
また、行ってみたいと思います。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:とんかつ | 千里中央駅

|

« 道の駅 「ひらふく」 | トップページ | カフェ 「L'a ssemblee(ラ・センブレ)」 »

とんかつ屋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/49269595

この記事へのトラックバック一覧です: とんかつ屋 「梅八(千里中央店)」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/30 09:24) [ケノーベル エージェント]
豊中市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月30日 (木) 09時25分

« 道の駅 「ひらふく」 | トップページ | カフェ 「L'a ssemblee(ラ・センブレ)」 »