« イタリアン 「deak(ディーク)」 | トップページ | ラウンジ 「JAL国内線 サクララウンジ 関西国際空港」 »

2011年7月 3日 (日)

ステーキハウス 「ニューオークラ」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://spa-gourmet.cocolog-nifty.com/gourmet/2011/07/post-9bc2.html


食べログ:ニューオークラ のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:ニューオークラ
カテゴリー:ステーキハウス

住所:大阪市北区曽根崎新地1-5-7 森ビル 地下1階
電話:06-6341-1129

営業時間:11:30~14:00  17:00~23:00(月~金) 17:00~23:00(土) 
定休日:日曜日・祝日
HP:http://r.gnavi.co.jp/ka7e600/


……………………………………………………………………………………………

今日はニューオークラに行ってきました。
北新地のステーキハウスですよ。
今回は、六月同盟の誕生日会を兼ねて楽しい仲間と食べてきました。
さて、さて、ここは、どんな感じなんでしょうね。

 

A010_dsc01424
お店の看板です。
ステーキ
ニューオークラ
って書いていますね。
そして、下に、モウモウちゃんのイラストがかいてあります。
ん~、美味しい、お肉が食べたくなってきましたよ。

 

A020_dsc01422
看板の下の部分は、写真付きでした。
く~っ、たまりませんよね。
美味しい、極上肉が、もう直ぐ食べれますよ。

 

A030_rimg0071
各種のコースがあるようです。

・シェフおまかせコース 10,500円~
・神戸ビーフコース 15,750円
アラカルトコースもあるようですね。
さ~て、どのコースをオーダーしましょうか。
楽しみですね。

 

A040_rimg0074
世界の舌を魅了する神戸ビーフ
ステーキ ニューオークラ
神戸肉流通推進協議会指定店
って、書いていますね。
これは、期待が高まりますよね。
美味しい、お肉が目前ですよ。

 

A100_dsc01423
お店は、ビルの地下にあります。
この階段を下っていきます。

 

A110_rimg0303
地下にたどり着くと、お店の人が待ち構えていました。
予約していたんですけどね。
このへんは、しっかりしていますよね。
流石、新地の老舗店って感じです。
気持ちよく、店内に突入です。

 

A120_dsc01631
お店は、高級感あふれる感じでしたよ。
入口から入って直ぐに、2つの鉄板がありました。
ふかふかのカーペットに、座り心地の良い椅子でした。

 

A130_dsc01616
入口から入って右手の鉄板です。
ピッカピッカに鉄板が磨かれていますね。
ここは、水槽が目印ですね。
お店に着いたときには、満席でしたよ。
新地らしい、男女のお客さん多しって感じでした。
華やかな雰囲気が漂っていましたから。

 

A140_dsc01622
こっちが、入口から入って左手の鉄板です。
丁度、2つの鉄板が並んでいる感じです。
こちらは、6名が座って料理が楽しめるようになっていますね。
センターにある、new OKURA のボードが、とっても素敵です。
こっちも、高級感がありますね。

 

A150_dsc01430
で、ここが、今回私達が座った鉄板です。
ここは、店内の一番奥にあり、個室タイプになっているんですよ。
個室なら、ワイワイ楽しく食事が出来ますよね。
これは、ポイント高しです。

 

A160_dsc01425
上から見るとこんな感じです。
やっぱり、綺麗な鉄板ですよね。
さあ、メンバーも席に着いたようです。
どんな料理が食べれるのか、非常に楽しみです。

 

A200_dsc01429
まずは、飲み物からオーダーしましょうか。
このコースターもかっこ良いですよね。
さあ、もうもうちゃん、もう少しの辛抱だよ。
ぱく~って、食べてあげるからね。(笑)

 

A210_dsc01435
まずは、これからでしょう。
生ビール(中)630円です。
ビールは、中瓶もあるようです。
キリンとアサヒが用意されていて630円です。

 

A220_dsc01433
綺麗なグラスですね。
無駄な泡が1つもありません。
さあ、飲みましょうか。
乾杯~!!
ぷふぁ~、旨い!!
夏場のビールは、最高ですよね。
ビールの喉越しが、たまりませんよ。

楽しい宴の始まりです。

 

A230_rimg0092
今回は、大奮発して、華コース15,750円をお願いしました。
大人数で楽しく料理を楽しみたいので、奥の個室を用意していただきました。

そうこうしているうちに徐々に料理が運ばれてきました。
最初の1品です。
蟹ちゃんの酢の物の登場です。
最初の酢の物って、食欲をそそるんですよね。
さあ、食べるぞ~って感じになってきました。

 

A260_rimg0097
次にサラダが運ばれてきました。
ひんやりとした食感が、ほてった体を和ませてくれます。
今から始まる、魚介と肉の宴を知っているようにね。(笑)
ふ~っと、奥を見ると、サラダを食べたそうにしているお子ちゃまがいたので、少し分けてあげました。(笑)

 

A280_dsc01436
さあ、鉄板部門がスタートしましたよ。
今回、私達を担当してくれた、チーフです。
この道、○十年の超ベテラン調理人さんです。
ニューオークラさんのエースの登場です。
ワクワクしますよ!!
少し、強面に見えますが、いやいや、どうして、楽しい方ですよ。
そして、腕の方は、ピカイチです。

 

A290_rimg0103
綺麗に、鉄板の上に並べられています。
手前から、こんにゃく、とうもろこし、オクラです。
彩がいい感じですよね。
食べる楽しさだけでなく、目で見る楽しさも感じさせてくれます。

あっ、それから、チーフの楽しいお喋りもね。
そうそう、カップルで来ているときには、でしゃばらないそうです。
心配しないで下さいね。
予約するときに記念日なんですって事を伝えていると、そっとしておいてくれますよ。
逆に、フォローをお願いします。
なんて伝えておくと、心強いサポートがあるかも。
あるかも....です。
いずれにしても、気持ちよく過ごせて、料理が食べれる事は、間違いなしです。
お値段以上の満足感が味わえますよ。

 

A300_dsc01441
さあ、チーフが動き出しましたよ。
何をしているんでしょうね?

 

A310_dsc01442
とうもろこしを反対にしたり、こんにゃくをカッティングしていたんですね。
徐々に出来上がってきましたよ。

 

A320_dsc01440
しばしの待ちです。
愛情を持って食材に接している感じが伝わってきます。
実際は、チーフと私達で色々と話しをしていたんですけどね。
とっても、楽しかったですよ。

 

A330_rimg0115
さあ、出来上がりました。
鉄板の温野菜です。
塩加減、焼き加減が、バッチリです。
美味しかったですよ。
ビールもドンドン進みます。

 

A345_dsc01448
みんなの顔を見るとニコニコですよ。
女の子達は、ウットリ、パックリ、コンビのようです。
今日も、何時ものように、美味しいく、楽しく、ワイワイ、モグモグやっとります。
チーフのエンジンも上がってきましたよ。
次の素材を見て、わお~って、なってきました。

 

A350_rimg0121
海老ちゃんの登場です。
わ~い。
めっちゃ嬉しいではありませんか。
何たって、海老星人一派ですからね。
とっても、綺麗な海老の登場ですよ。
元気がありすぎて、鉄板の上で踊っていました。
新鮮そのものです。

 

A380_rimg0124
しばらくすると、美味しそうな色になってきました。
さあ、チーフの登場ですよ。
まずは、頭の部分に、切れ込みを入れているんでしょうか。
何時もながら手際が良いです。

 

A390_rimg0125
頭の部分を切り取るんでしょうかね。
グイグイと押しているような感じです。

 

A400_rimg0126
パカーンって、上手に取れました。
なるほど~って。

 

A410_rimg0127
見ていても本当に楽しいですよ。
次月と、海老ちゃんの頭が取られていきます。
手際が良いですよ。

 

A410_rimg0131
そして、取られた、頭と尻尾は、シッカリと焼かれていきます。
これって、美味しいんですよね。
カリカリ、カリカリ、って食べれて、濃厚な味噌もたまりませんよね。
ゴックン、喉がなりましたよ。

 

A420_dsc01453
裏面も綺麗に丁寧に焼いていきます。
ワクワク、ワクワク、早く食べたいですよね。

 

A440_rimg0133
綺麗に皮を剥かれた、海老ちゃんです。
さあ、もう直ぐだよ。
海老星人一派が熱い眼差しで見ているからね。
照れちゃって、赤みが増したようでもあります。
って、そんな訳ないですよね。(笑)

 

A445_rimg0168
魚介と言えば、白ワインでしょうって、事で飲み物を変えました。
グラスワイン(白)1,050円です。
フルーティでありながら、シッカリとした味で、料理との相性もバッチリ、美味しいワインでしたよ。
魚介料理のときには、このワインで楽しんでもらいたいですね。

 

A460_rimg0147
さあ、海老ちゃんの登場です。
ぷりっ、ぷりっの海老ですよ。
もう、最高です。
幸せです。
海老星人、大喜びの一品でした。

 

A465_rimg0173
尻尾の頭もカリカリで激旨ですよ。
もう、最高です。
お肉の前に、半分、昇天しかけてます。(笑)

 

A470_rimg0139
そうこうしているうちに、次なる素材が登場してきました。
きゃ~っ。
こっ、こっ、これは~、もしかして~。

 

A490_rimg0137
極上な、鮑ちゃんでは、ありませんか。
待っていましたよ。
海老と鮑の踊り食いってやつですね。
わおっ、楽しみですよ~。
白ワイン、お代わりしないと駄目かも。(笑)

 

A520_dsc01459
鮑もチーフの手に掛かって焼かれています。
じゅ、じゅ、じゅ、カチッ、カチッ、じゅ、じゅ、じゅ。
もう、待ち遠しいですよ。

 

A530_dsc01461
こんな感じで、チーフが、鮑を料理しています。
真剣な眼差しでしょ。

 

A540_dsc01458
全員の目が、チーフの手元に釘付けです。
そろそろ出来上がりかな。
しかし、旨そうです。
ごっくん。

 

 A590_rimg0163
出来上がると、各人のお皿に入れてくれましたよ。
わおっ、美味しい!!
これは、たまりませんね~。
こりこり、しこしこ、めっちゃ美味しいですよ。
塩加減、味付け、焼き加減もバッチリです。
流石、百戦練磨のチーフですね。
めっちゃ美味しかったですよ。

 

A600_dsc01523
さあ、いよいよ、本日のメインの登場です。
わおっ、綺麗な極上肉ですね。
チーフのように、厳しい料理人の目で厳選された、最上級の黒毛和牛です。

ニューオークラでは、その日、その日で、一番良い産地のお肉を出してくれるそうです。
嬉しいですよね。
極上のお肉が食べれます。

って、今日は、ここで終了で~す。

続きは、後日のお楽しみって、ことで。

この、極上のお肉がどうなるのか......

次回に続きます
乞うご期待を!!
見逃さないでね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:ステーキ | 北新地駅西梅田駅東梅田駅

|

« イタリアン 「deak(ディーク)」 | トップページ | ラウンジ 「JAL国内線 サクララウンジ 関西国際空港」 »

ステーキハウス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/52105278

この記事へのトラックバック一覧です: ステーキハウス 「ニューオークラ」:

« イタリアン 「deak(ディーク)」 | トップページ | ラウンジ 「JAL国内線 サクララウンジ 関西国際空港」 »